ドクターエア ストレッチロールを購入したのでレポします!

日記

どうも、こんにちは。

最近「筋膜リリース」という言葉をよく聞きます。

筋肉を包んでいる筋膜という器官の緊張を解いたり、癒着してしまったものを剥がすというものですね。
肩こりの解消や体の柔軟性を高めるために効果があると言われています。

その筋膜リリースをするための最強プロダクト、ドクターエア社の「ストレッチロール」を購入したので、その紹介をします!

 

ストレッチロールって何?

まずは、そもそもストレッチロールとはなんぞやというものを理解していきましょう

ストレッチロールはドクターエア社の製品の名前で、要は「めちゃめちゃブルブル振動する棒です」

3分間に1万回以上というとてつもない振動がストレッチや運動に効果があるそうです。

 

ドクターエア社のストレッチロールのページがこちらになります。

ストレッチロール | 製品情報 | DOCTOR AIR (ドクターエア) 公式サイト
DOCTOR AIR (ドクターエア)の「ストレッチロール」は、アスリートも愛用するストレッチ・トレーニングフォームローラー。3分間で10,000回という振動刺激が、日々のエクササイズやストレッチ、トレーニングをサポートします。他にもヨガやピラティス、姿勢矯正、ダイエットの補助や身体のトータルサポートなど、あらゆる日常

ストレッチロールを持つ上原浩治

野球選手の上原浩治さんがスペシャルアドバイザーを務めているそうですね。
大きく表示されています。

その上原浩治さんが右手に持っているのがストレッチロール本体です。

 

ストレッチロールの構造

バッテリーや振動するユニットを中心にある程度硬さのある発泡ポリプロピレンが覆っているようなものになります。

約3.5時間で満充電できて、電池は180分〜50分程度持つそうです。
時間の幅があるのは振動のレベルを4段階で設定できて、それぞれ一番下のレベルと一番上のレベルでの持続時間ということです。

 

ストレッチロールの振動のレベル

レベル1・・・1分間に2700回振動

レベル2・・・1分間に2700回振動

レベル3・・・1分間に3100回振動

レベル4・・・1分間に3700回振動

ドイツのヘルスケアツールメーカーMEDISANA(メディサナ)とドクターエアが共同開発した振動技術『パワーウェーブテクノロジー』を使用しています。

 

ストレッチロールのサイズ

高さ310×直径150mmで、振動しないストレッチポールに比べると若干太いという感じですかね。

長さも短めです。

上の画像で上原さんが持っているので、イメージできるかと思います。

後ほど、私が実際に購入した写真も載せます。

 

ストレッチロール開封の儀

ワクワクします。

箱の外観

箱はこんな感じです。

私が購入した色は黒でしたが、他の色でも箱のデザインは全く一緒で、中から見える商品だけが違うようでした。

 

ストレッチロール外箱の側面

箱の側面はこんな感じです。

ストレッチロール本体の側面のデザインを貼り付けたようなデザインになっています。

この面にもJAPAN TECHNOLOGYと書いてありますね。

ストレッチロールの箱の中身

ストレッチロールの内容物

この写真に写っているのもが全ての内容物になります。

  • ストレッチロール本体
  • ストレッチロール用の充電アダプター
  • 取扱説明書
  • ストレッチロールのHow to DVD
  • ストレッチロール使用ガイドブック
  • ストレッチロールの安全機能についての紙

以上になります。

使用のためのガイドブックやDVDがついているのはありがたいですね。

 

ストレッチロール本体の外観

ストレッチロール本体

本体はこちらです。

凹凸の目立つ形状をしていますね。

触った感じとしては意外と硬く、弾力性や反発する感じというものはありません。
近い感触で言うと、プールのビート板ですかね。硬めのやつの。

 

側面の写真です。

ストレッチロール側面LED

こちら側に電源のボタンと充電ケーブルを挿せる穴があります。

電源をオンにしたり、充電をしている最中は写真のようにLEDが光ります。

写真は充電中のものです。

 

 

こちらは反対側の写真です。

同じくドクターエアのロゴが描かれていますね。

凹凸の形状は歯車のようになっていることがこの写真からだとわかりやすいです。

 

ストレッチロールを購入した理由

最近フィットネスにハマっているとか、体の柔軟性を高めて怪我をしにくい体を作りたいとか、色々理由はあります。

しかし、一番の理由は別にあります。

それがこちら、私が愛してやまないプロスノーボーダーTorstein Horgmoが更新しているVlog(ブログの動画版)の動画の一つです。

この動画の0:15〜のシーンでTorsteinは自宅?でストレッチロールを使用しているのです!!

見間違えようがありません。

完全にストレッチロールです。

この動画を見たときに私は購入を決めました。

 

そしてさらに!先日東急ハンズで行われたハンズメッセでセールが行われているではありませんか!

ハンズメッセ2018 那覇メインプレイス店・宜野湾コンベンションシティ店- 東急ハンズ
9/6 - 12 那覇メインプレイス店・宜野湾コンベンションシティ店 年に1度の大感謝バーゲン!

 

ハンズメッセのストレッチロールのちらし

メーカー希望小売価格が税込み18,000円なので、実際の値段は変わらないのですが、ハンズクラブのポイントが10倍つくので実質10%オフ。

更に、サポートマットがついてくる。というのが直接的なフックとなり購入に至りました。

 

ちなみに東急ハンズでの写真はこちら。

ストレッチロール店頭

まだまだ個数は残っている感じがしました。

ネットでどこで見ても値段が変わらなかったので、どこで買おうか迷っていたところにこのセールは完全にやられました。

しかもドコモポイントも付けられました。

 

 

付属ストレッチマット

ちなみに付属のストレッチマットはこんな感じです。

ドクターエアのサイトにある4300円するヨガマットとは別物で、4mmの非売品でしたが十分です。

すでに私の家には一枚ヨガマットがあるので、自分の部屋用のものにするか予備として保管しておこうと思います。

 

ストレッチロールを使用して感じたこと

 

ストレッチロールを購入してみて、まだ日が浅いのですがなんとなく使用感をお伝えします。

ぶっちゃけ、筋膜がリリースされたわーとか、体が劇的に柔らかくなったわーとか、肩こりが急になくなったわーとかいう感想はありません。(笑)

ストレッチは日常的にやっていたので効果が出にくいとかそういうことはあるかもしれませんが。

ただ、振動がとても細かくて体に押し付けて震えているのは気持ちいいです。

マッサージチェアとかよりも私は心地よく感じます。

 

筋膜がリリースされる感覚というのがまだいまいちつかめていないのでこれからも継続的に使用していきます。

気になったことがあったらまた記事にもしようかと考えています。

 

とりあえずは太ももや股関節あたりを柔らかくして膝の痛みをしっかりとってからスノーボードのシーズンインしたいと思っております。

 

コメント