最高!私が二子玉川で映画を月に2回は見る理由

二子玉川 MOVIE

どうも、こんにちは

 

突然ですが私、映画が好きなんです。
特に、「映画館で見る」映画が好きなんですよね。

普段の生活にちょっと非日常を体験できる、そんな素敵な場所が映画館。
しかもこれだけ手軽に安価で体験できる非日常はなかなかありません。

 

そして、映画館は決まって109シネマズ二子玉川。
今回はその理由を紹介します。

 

映画館で見る魅力

冒頭で映画が好きと述べましたが、映画館でどの位映画を見ているのかというと月に最低でも1,2本、多いときでは月に6本近く見ることもあります。
見たい映画が集中する時期は毎週のように二子玉川に来ることも。

映画館

 

もちろん、プライムビデオやHulu等の動画配信サービスも利用していますし、スマホやタブレットで見る映画も好きです。
手のひらで映画が見られるのは本当にいい時代だと思います。

そもそも映画が好きなので、全てを含めたらなんだかんだで週に2,3本は見てる気がしますね。

 

しかし、今回重要なのは「映画館で見る映画」

映画館で見るという体験にはレンタルで借りて見るよりも多くお金がかかりますが、それでもその分だけの価値があると思っています。

 

映画が公開される前には俳優、女優や原作の有無や監督、脚本担当などなど映画に関する情報の収集を行い期待感を高めます。

予約でいい座席が取れたらそれだけで嬉しいですし、楽しみな気持ちも増します。

 

当日映画館に着いて座席に座ってから本編が始まるまでの広告とか予告あるじゃないですか。
アレも結構好きなんですよね。
よく映画館に通っていると広告に内容がマイナーチェンジしているのを見つけてにやっとしたり、予告映像を見て次に何を見るか決めたりします。

 

もちろんメインは本編です。
大きなスクリーンと完璧な音響設備という素晴らしい環境で映画の世界の中で没入しながら見れるという快感には代えがたいものがあります。
VFX特殊効果バリバリのSFやアクションは映画館で見てこそです。

 

映画が終わったあとには余韻に浸っています。
私はエンドロールの最後の最後まで見る派です。
あなたはどちら派ですか?

一人で観る場合は帰り道で映画の内容を反芻したり、撮影の裏話なんかを調べて追体験をします。
人と一緒に見たあとはご飯を食べて感想を語り合います。

 

映画っていう体験は映画を見ている時間だけで終わるものではないと思います。

見る前にワクワクして、映画を楽しんで、感想を語ったり、反芻をするまで全部を含めて映画の体験だと思います。
その体験をするために二子玉川はピッタリの街なんです。

 

 

二子玉川ってどんな街?

 

二子玉川

 

東京都世田谷区の地区名。
また、東急田園都市線と東急大井町線内の二子玉川駅、その周辺の街のことを二子玉川と言います。
「ふたこ」「にこたま」と呼ばれ親しまれています。

夏は花火大会も行われ大賑わいとなります。

高島屋や二子玉川ライズなど商業施設や楽天の本社などのオフィスから、住宅街と自然が調和してとても住みやすい街です。
住みたい街ランキングでも上位にランクインしている街です。

 

 

ちなみに、二子玉川という地名は存在しないので、性格にどこからどこまでが二子玉川という定義はありません(笑)

 

二子玉川の歴史

歴史と言っても簡単なものですが。

1969年に初の郊外型ショッピングセンターとして高島屋ができてから、二子玉川園等のレジャー施設とともに栄えていた街だったのですが、1985年に二子玉川園が閉園したのを境に、その後様々なアトラクション施設や住宅展示場などが開演と閉園を繰り返し活気が失われていきました。

そこで二子玉川再開発計画が決定されました。
2005年に事業認可を得るなど計画は加速し、東急不動産などが主体となり「二子玉川東地区市街地再開発組合」が施行します。

 

多摩川がすぐ近くにあることもあり、再開発のテーマは「国分寺崖線の豊かな緑を基とした自然と都市の調和」です。

周辺道路などの整理などを行い、2010年には第一期工事が終了し、「二子玉川ライズ」が誕生しました。その後第二期工事で、「二子玉川ライズ・バーズモール」、「二子玉川ライズタワー&レジデンス」など、多くの街区が整備されていきました。

そして、ついに2015年に「二子玉川ライズ・テラスマーケット」が完成し、再開発が完了しました。

 

その二子玉川ライズ・テラスマーケットの中に今回紹介する109シネマズ二子玉川があります。

 

 

109シネマズ二子玉川店の紹介

 

2015年の3月に完成した二子玉川ライズ・テラスマーケット内にある、IMAXデジタルシアター完備のシネマコンプレックスです。

劇場数はIMAXシアターも含めてシアター10まであり、大きな劇場だと386席、小さな劇場だと56席で平均が大体160席位ですかね。
合計で1665席あります。

規模自体は普通の映画館という感じですね

 

座席がいいんです

109シネマズ二子玉川には全てのシアターの座席が他の映画館と比べて快適な座席を採用しています。

さらに、エグゼクティブシート、グランド・エグゼクティブシートというさらに上位グレードの座席も用意してあります。

通常の座席、エグゼクティブシートの紹介をします。

 

通常座席座席がすごいんです

説明する前に、まずは写真を見ていただきます。
スマホで撮った画像なので画質も低く見にくくて申し訳ないのですが、ご了承ください。
取り直す機会があったら更新します。

 

二子玉川映画館通常座席

 

こちらが109シネマズ二子玉川の通常の座席です。
黒の座席がかっこいいですね。

しかし、ここで注目してほしいのは”肘掛け”の部分です。

この座席の肘掛け、一つの座席につき2つついているんです。
片方の肘掛けにはドリンクホルダーが、反対側には普通の肘掛けです。

このお陰で他のお客さんと肘が当たることや、本当は自分の方の肘掛けなのに勘違いされた隣のお客さんに肘掛けを取られてしまうこともありません。

 

さらに、座席間にも少しですがスペースがとってあって、

とにかく映画のみに集中できる

ように配慮されています。

 

 

さらに、前の座席の背中側、自分の座っている座席の足元のあたりですね、そこには傘立てがあるんです(!)
これは地味にポイント高いです。

傘は意外と場所を取って邪魔になってしまいますし、濡れているのであまり触りたくないですもんね。

 

比較のために違う映画館の座席を見てみましょう。

映画館の座席

ネガキャンになってしまうのでどこの座席とは言いませんが、見ていただければ違いが一目瞭然です。

写真なのでなんとなくですが、座席そのものの質も二子玉川の座席のほうが高いことがわかりますね。

映画館の座席というのは映画が上映されている約2時間近い時間動かずに座るので、いい椅子に座ると

疲労度が全然違います

 

ドリンクホルダーが片方だけに付いているので、デメリットは先程述べたとおりです。
カップルで手を繋いで見たいという方はどうぞ、ペアシートをご利用ください。

 

 

エグゼクティブシートがもっとすごいんです

次はエグゼクティブシートの紹介です。
エグゼクティブシートは各シアターの中央よりやや後ろ、個人的に「一番映画が見やすい場所」に並べられた通常よりもちょっと豪華な座席です。

大体2列分くらいと数が少なく、とても人気なのですぐに埋まってしまいます。

新しく始まる映画の初日公演のエグゼクティブシートの予約とか、結構戦争です。

 

映画館全体の中で中央よりちょっと後ろという最も見やすい場所に位置しています。
こちらがシアター内の座席図で、赤線で囲ってあるところがエグゼクティブシートです。

座席図

ちょうど視界いっぱいにスクリーンが広がり、首が上下することなく自然体で映画を見られるベストポジション。

 

では、実際にエグゼクティブシートがどんな座席なのかを見ていただきましょう。
百聞は一見に如かずです。

 エグゼクティブシート

 

はい、もう説明する必要のないくらいの豪華さです。

座席の質も上に載せたものとは比べ物になりません。
座席がたたまれるタイプですらありません。

これだけじゃありません。
座席のスクリーンに向かって右側、写真では左側にある台の存在にお気づきでしょうか。
ギリギリまで読んでいたパンフレットを置くでもよし、ポップコーンを常に食べれる位置にセットするでもよし。

ドリンクホルダーと傘立て、さらにその下には荷物置きのスペースもあるんです。
上着や手荷物などを入れることができます。

荷物を下に置くの、ちょっと嫌だったりしますよね。特に雨の日なんか。
そんなときでもストレスフリー。流石です

 

まだすごい機能があるんです。
実はこの座席、リクライニング機能もあります。

もう至れりつくせりです。

リクラニングを使えば自分で首の位置を調整しなくても、椅子の方を調節してあげるだけで最も快適な状態で映画を鑑賞することができます。

 

これでこそ最高の映画体験!と言わんばかりの貫禄ですね。

エグゼクティブはまじでおすすめです。
一度座って映画を見たら、もうこれでしか映画を見られなくなります。

 

ちなみに・・・

109シネマズ二子玉川にはエグゼクティブシートより更に上位のシート「グランド・エグゼクティブシート」が存在します。

こちらは専用の動画があるので御覧ください。

 

 

IMAXデジタルシアターのたった14席だけしかないグランド・エグゼクティブシート。
電動リクライニング&フットレスト付きの革張りシート、専用ハンガー&専用テーブルがついています。

さらに、映画鑑賞前には専用ラウンジが上映開始の60分前から利用でき、専用のサービスが受けられるそうです。
劇場へもラウンジからの専用入り口を利用して行けるという・・・

飛行機のファーストクラスのようなものですね。
私はまだ体験はしたことありません。

いつかこれで映画を見れるくらいの身分になりたいものです。

 

料金の紹介

二子玉川の109シネマズの映画料金を一覧で紹介します。

通常料金は特に変わった点はありませんが、各種割引が一ヶ月のうちに何度か来ます。
そのタイミングを狙って鑑賞するのがお得!

こちらの公式サイトでも確認できます。

通常料金

通常料金 2D 3D IMAX IMAX 3D
一般 1,800円 2,200円 2,200円 2,600円
大学生
※要学生証
1,500円 1,900円 1,900円 2,300円
高校生
※要学生証
1,000円 1,400円 1,400円 1,800円
中学生・小学生
※中学生は要生徒手帳
1,000円 1,400円 1,400円 1,800円
幼児 (3歳以上) 900円 1,300円 1,300円 1,700円

※学生は要生徒手帳または学生証
※一部作品は2歳から有料となります。また、お座席・3Dメガネを必要とされる場合は2歳以下のお客様も有料となります。
※作品により鑑賞料金が異なる場合がございます。

 

そして、エグゼクティブシート、グランド・エグゼクティブシートの料金はこちらです。

スペシャルシート 2D 3D IMAX IMAX 3D
エグゼクティブシート 2,500円 2,900円 2,900円 3,300円
グランド・エグゼクティブシート 6,000円 6,000円

 

通常料金より若干高めといったところでしょうか
グランド・エグゼクティブシートは流石の値段ですね。

 

各種割引料金

109シネマズでは、シニアや障がい者の方に向けて割引で映画が鑑賞できるようになっています。
また、レイトショーやレディースデイなど時間や曜日、日にちなどによって割引をうけることができます。

 

こちらがその一覧です。

各種割引料金 2D 3D IMAX IMAX 3D
シニア (60歳以上)
※要年齢証明
1,100円 1,500円 1,500円 1,900円
障がい者手帳割引
※要手帳提示
1,000円 1,400円 1,400円 1,800円
109シネマズの日 (毎月10日) 1,100円 1,500円 1,500円 1,900円
レイトショー(20時以降の回) 1,300円 1,700円 1,700円 2,100円
レディースデイ(毎週水曜日・女性限定) 1,100円 1,500円 1,500円 1,900円
ファーストデイ(毎月1日) 1,100円 1,500円 1,500円 1,900円
夫婦50割引(どちらかが50歳以上)
※要年齢証明 
2名様
2,200円
2名様
3,000円
2名様
3,000円
2名様
3,800円
ペアデイ(毎月22日・男女問わずペア) 2名様
2,200円
2名様
3,000円
2名様
3,000円
2名様
3,800円

※条例により23時以降終映の回は保護者同伴でも18歳未満のお客様はご入場できません。あらかじめご了承ください。
※障がい者手帳をお持ちのご本人様とお付き添いの方2名様まで割引料金でご鑑賞いただけます。
※夫婦50割引、ペアデイは同時刻、同一作品に限ります。

 

109シネマズの日などの月に一回系の割引は誰もが受けられる割引のサービスなので、ガンガン狙っていきたいですね。
毎月1, 10, 22日は見たい映画がないか要チェックです! 

109シネマポイントカードがすごい!

 

シネマポイントカード

109シネマズにはシネマポイントカードというものがありまして
このポイントカードがなかなか優秀なんです。

劇場内にある申込用紙に記入をして、チケットカウンターで受付、その場で発行をしてくれます。

入会手数料が1000円かかかるのですが、年会費は無料なので入会手数料だけ払えばその後特にお金を払う必要はありません。

 

幾つか特典があるのですが一つは

映画を6回見れば1回タダ!

というものです。

シネマポイントカードと言うだけあって、映画を一度見るとその度にポイントが一つたまります。また、現在入会時に2ポイントもらえます。
それが6ポイントになると、次回見るときに無料で映画を鑑賞することができます。
一応ポイントには6ヶ月の有効期限がありますが、一番最新の鑑賞日から6ヶ月なので少なくとも6ヶ月に1回映画を見ればポイントが失効することはありません。

なので、カードを作って4回映画を見たらもう6ポイント!
簡単に6ポイントがたまっちゃいます。
6ポイントが溜まった時点で入会費分はもとが取れる計算になるので、半年に一回は映画を見るくらいだったら絶対にこのカードは作ったほうが良いです。

ちなみに、複数座席を購入した場合でも購入した座席の分だけポイントが入るので恋人やお友達と一緒に行くとガンガンポイントがたまります。

 

さらに、もう一つ大きな特典として

エグゼクティブシートに通常料金で座れる!

があります。

これは私はめちゃくちゃ重宝しています。
ほとんどエグゼクティブシートでしか映画を見ないくらいです。
公開日が近い映画は人気なので席を取るのに苦労しますが、それでもメリットが大きいです。

あの、紹介した座席に通常料金で座れて映画を見れるんですよ。
すごくないですか?

 

その他の特典として、会員限定サービスデイがあったり、試写会の招待などがあります。
詳しい情報はこちらの公式サイトをご確認ください。

 

映画が好きなあなたには是非、おすすめのカードです。

 

※注意事項

  • ポイントを使用して無料で見る場合、3Dの映画は3D眼鏡の差額分料金が発生する
  • IMAXの映画はポイントを利用して無料で見ることができない

 

 

まとめ

映画館で見る映画の魅力から二子玉川の紹介を経て、ポイントカードのオススメと、珍しく熱くなって記事を書いてしまいました。

というのも、映画を映画館で見るという体験は普段の日常の中に手軽に非日常を生み出せる素敵なものだと私は思っていて、その体験の価値を二子玉川という街が最大限に高めてくれていると感じています。

 

なので、この記事を読んでくださっているあなたも是非映画館で見る映画の魅力や、二子玉川という街の良さを知ってもらいたくてこの記事を書きました。

私は二子玉川の住人でもなんでもないんですが(笑)

 

IMAXでしか映画を見られなくなった僕がその理由を語る
映画鑑賞が好きでNetflixなども含めたら週に一本ペースで必ず映画を見る僕は、映画館で映画を見ることが大好きです。でも、映画館で映画を見るときには一つ自分の中で決めたルールがあります。 それは、 映画館での映画はIMAXしか見ない!

こちらの記事でIMAXの魅力について語っています。IMAXってなんぞや?って人は是非この記事をチェックしてください。きっとIMAXが見たくなりますよ。

 

それではここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント